2017全日本カート選手権第4戦

日時:2017年8月20日
レース名:全日本 第4戦 瑞浪大会
場所:フェスティカサーキット瑞浪(岐阜県)
路面コンディション: ドライ

TT :1位
予選: 1位
決勝: DNS

2017全日本第4戦平良響

 

今回、決勝レースに出走できませんでした。大雨による急なスケジュールの変更など、イレギュラーな状況ではあったとはいえ、決勝はゲートクローズの時間に間に合わなくてDNS(スタートせず)という結果になり、応援して下さった皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。このような結果になったのはドライバー自身がしっかり自己管理・時間管理していなかった為だと強く反省しています。

ここ瑞浪はスリップストリームがかなり有効なコースなので、TTではこれまでの瑞浪でのレースの経験を活かし、スリップストリームを上手く使ってポールポジションを獲得しました。 予選は周回数が16周と多かったので、焦らず、抜かれても落ち着いて走る事を心掛けました。途中でタイヤが少し熱くなり過ぎたと感じた為、ペースを落した時に追い付かれ抜かれてしまいました。ですがこれも数周で抜き返し、無事に予選1位でチェッカーを受けることができました。

 

2017全日本第4戦平良響スタート

 

そして決勝と良い流れで進んでいたのですが、残念ながら決勝で走ることができませんでした。ただ、予選でのタイヤの温存の仕方、レース展開の組み立て方などを振り返ると、前回のレースより力が抜けて考えて走れていたと思います。次戦は10月1日の琵琶湖大会。琵琶湖は開幕戦で2位を獲得したコースですし、自信を持って次のレースに挑みたいと思います。

 

2017全日本第4戦平良響サイドショット

 

今回も全日本選手権という大きな舞台を万全な体制で走れたのは、スポンサー様の皆様、EIKO松堂さん、スクーデリア沖縄 翁長さん、タカギプランニング 虎さん、素晴らしいエンジンを作って下さったHRS服部さん、メカニックをして下さったゴウキさん。そして両親。 1人でも欠けたらこうやって素晴らしい環境で走ることはできません!皆さん本当にありがとうございました!

 

ページ上部へ戻る