SRS修了式がありました

鈴鹿レーシングスクール(SRS)フォーミュラ・アドバンス

第五回
1日目
コンデション :ドライ

まずこの1日で初期にブレーキを強く踏む癖を直すことを意識して走りました。 走りの癖を根本的に直すのではなく、佐藤講師から「このブレーキを初期に強く急に踏むと、どうクルマが動くからどう反応してくるか」を教えて頂き、それを理解した上で考えながら少しづつ修正していきました。そうするとジャダーも少なくなり、ステアリングの切り始めのアンダーからオーバーに変化する時の量も減り良い方向へいきました。

午後からは計測走行で気合いを入れて臨んだのですが、結果は悪かったです。これが自分の実力だと素直に受けとめて、すぐに改善する必要がありました。
セット走行では直前に雨が降ってきてレインコンディションになりました。レインタイヤを装着してもらいレース開始。 スタートで4台近く抜き、序盤は前から5番目を走行してました。ですが名取君に抜かれ、追いつけてもいけず、後ろからきた飛鳥君にも最終ラップのシケインでインに飛び込まれてそのままコースアウト、ぶつかってしまいました。

ハーフレインのコンディションでの車の動きやドライビングにについて、とても勉強になりました。ホテルに帰ってから、計測走行トップ佐藤蓮君のデータと比べるとヘアピンまで差はありませんでした。しかし、ヘアピンでコンマ1秒、スプーンでコンマ1弱、シケインでコンマ3弱も負けている事が分かりました。それはブレーキポイントが自分の方がかなり前でブレーキしているため、ブレーキングの差が出てると思います。

SRSフォーミュラ走行

 

2日目
コンディション:ドライ

1日目で分かったブレーキタイミングの早さと、S字のアクセルをジワーっと踏むのではなく、野尻講師みたいにポンっとアクセルを入れてあげる事を意識しました。

計測1回目は5周目ぐらいから上げていこうと考えゆっくり走っていました。デグナー2個目でアンダーが出てそのまま縁石の上に乗っかってスピン。イン側のガードレールにぶつかってマシンを壊してしまい、イエローフラッグを出してしまい、他のドライバーに迷惑をかけてしいました。また自分のマシンが壊れているので2回目の計測も走れなくなりました。

しかしメカニックさんが急いで治してくれたおかげでヒート1を走る事ができました。ありがとうございました!
ヒート1はピットスタートだったのですが、落ち着いて、野尻講師に言ってもらったS字のアクセルワークと昨日の課題であったブレーキングポイントをしっかり抑えて走りました。
タイヤが残ってるので周りのドライバーよりは速いタイムで走れてたし、自分的にもいつもよりフィーリングが良く乗れてる感じがしました。

ヒート2ではスタート失敗してしまい、前のマシンを抜く事ができませんでした。

この日の午後は修了式でした。そしてお陰様で、自分もスカラシップ選考会に進める事が決まりました。

 

〜二日間を通して〜

今回は本当にメンタルもギリギリのところで、力が入りすぎて走っていたのが自分でも分かりました。2日目の1回目の様に力を抜く事が出来れば、これからもトップタイム出しながら走る事は出来ると信じています。 それだけではなく、自分の走りもまだまだ詰めるところは沢山あるので、次の9月のスカラシップ選考会までには時間も空いています。いよいよ踏ん張りどころですし、気持ちもリセットしてスカラシップ選考会に挑みたいと思います。

 

ページ上部へ戻る